妊娠したら摂っておきたい葉酸サプリの選び方は

妊娠中だけでなく、妊活中にも摂っておいたほうがいいとされる、葉酸サプリです。近頃ではネットでもドラッグストアでも、多くの葉酸サプリを見かけるようになりました。

多すぎて、新米ママさん予備軍としては、一体どれを選んだらいいのか逆に迷ってしまいますね。選択肢が増えたのはいいけれど、増えすぎて迷うという贅沢な悩みが、発生してきました。

まずは、一般的にどの程度の葉酸を摂取する必要があるのか、見ていきましょう。妊活中から妊娠後期までは、480μg程度の葉酸の摂取が望ましいとされています。

また授乳期には、340μgあたりの葉酸が必要だということです。もちろんこれは目安ですので個人差もあります。またこの葉酸、実は妊娠中だけでなく普段の生活でも摂取が勧められている、女性にはある意味必須の栄養でもあります。

もちろんできれば食事での摂取が望ましいのですが、それがなかなか難しいのとまた葉酸サプリなら他の必須栄養素も摂れるということで、サプリの登場となりました。

にしても、一体どういった基準で選べばいいのでしょうか。まずは天然葉酸含有と、合成葉酸含有です

。天然の方がいい、と考えがちですが実は厚生労働省は合成葉酸の摂取を推奨しているのです。合成のほうが吸収率がいいので、天然のものの半分の摂取で済むということからです。

天然のものの場合、400μgの葉酸摂取をしたければ、800μgの摂取が必要だということですね。このあたり、充分に注意して選んでください。

またもちろん、特に敏感な妊婦さんが飲むものですから、無添加のものが望ましいのは当たり前です。しかしこの無添加の表示も、何が無添加なのかをよく把握することが必要です。

単に、着色料だけが無添加でも表示には無添加となっている場合もあります。成分表示はしっかりと見ておくことが必要です。

さてでは何時このサプリは飲んだらいいのでしょう。サプリは食品ですので、薬と違って何時飲むべきという決まりはありません。

ただ胃がデリケートだとか言う場合は、食事の後にしたほうが負担は少なく済みます。またこの際、たくさん飲めばよく効くというわけではありません。

上限があるということは、つまりはそれ以上は摂取しないほうがいいという意味にもなりますので摂取のし過ぎにも注意してください。

葉酸の摂取上限は、30歳未満の場合でも900μgです。赤ちゃんと自分のために、充分なでも多すぎない葉酸を、サプリで効果的に摂取していってください。